アトピーケア

日本人の中でも症状が多いアトピーという病気。正式名称はアトピー性皮膚炎と呼ばれるもので、その多くは体の全身のいたるところにかゆみを発症し、一般の人と比べて皮脂の分泌量が極端に少なく、また同時に皮膚の水分を保つ力が弱いことが原因であると言われています。

それでは全身にかゆみを引き起こすアトピーですが、アトピーになってしまった場合に行うアトピーケアとは一体どのような方法があるのでしょうか?

アトピーを引き起こしてしまった場合、いかにして肌を紫外線から守ることができるのか?といった点が日常的にできるアトピーケアの方法の一つとして挙げられるでしょう。肌を紫外線から守るということは、もともと皮膚が弱いアトピー患者にとっては、非常に重要なことの一つです。紫外線の刺激によって肌の炎症を起こす場合があり、その炎症はアトピーにとっても更に症状を悪化させてしまう原因の一つでもあります。

紫外線から肌を守るということは非常にシンプルなアトピーケアで、外出をする際など紫外線を浴びてしまう可能性があるときには塗れる範囲で大丈夫なので、しっかりと日焼け止めクリームなどを塗りましょう。また日焼け止めのクリームを塗ったからといって完全に紫外線から肌を守ることはできませんので、肌の露出は必要最低限に抑え、更に万全な体勢をとるのであれば帽子も着用しましょう。このように紫外線から肌を守るだけでもアトピーの症状は抑えられますので、最低限この紫外線から肌を守るということはアトピー患者であれば絶対にすべきことだと言えるでしょう。